2007年7月 5日

Blancosサッカーを斬る!

連戦連敗を必定とする我がチームBlancos札幌
どんなチームか独断分析してみた

《攻撃編》
何点取られても気にしない、10点取られようが、20点取られようが、わずか1ゴールで決勝ゴールのように大喜び
Jリーグなら優勝、昇格を決定付けるゴールに値しているだろう

恐らく初めて参加するメンバーにとって、相手チームにとっては異様に思える光景にちがいない

でもソレが、うちのカラーなのだ

彼らは本気で決勝ゴールをゲットした気持ちになっているのだ、試合に勝利した気持ちになっているのだ
もちろん宴席でも伝説のゴールのように語られる、何度でもネタになる、飲める

何故か?
恐らく体力、テクニックを完全に超越(無視)した単なるサッカー小僧に違いないからか?


《守備編》
うちのDF、GK陣は通常チームではあり得ない頻度でピンチを向かえる
でも楽しい!このポジションの参加率が高いのも事実

M志向でなければやっていけないだろう

オーバーラップ大好き!
でも帰ってこない!!え〜いつの間にかトップに入ってる?聞いてねーよ!

相手チームのFWを全DFが束になっても抑えられない!かるく抜かれる!相手チームのFWはロナウジーニョに違いない!!

等々、でも宴席では、いいネタになるんだな、これが
昔、コンサにいた洋平、藤ヶ谷が他チームで大きく結果を出せているのは当時のコンサが通常チームではあり得ない頻度でピンチを向かえたことが彼らを大きく成長させた要因に他ならない

となるとうちも??

あらへん、あらへん

《システム編》
4-4-2を組むことが多いが、終盤はオーバーラップ、セットプレイで上がったまま戻らず...と気づけば1-4-5になっていることもザラ
いつだったか1対4の場面でゴールを守った沼さん、殿堂入りだね

システムを守ってきっちりやりたい人は持たないチームでしょうか
攻めパターンとしては意外にきっちりパスをつないでサイド攻撃する傾向があるね

うちのサッカーは総評すると「アクション&ムーディング」ってあたりか
ムーブではなく、ムードってあたりがポイントだ

そんなところ

2007年7月12日

チーム存続の危機??

札幌最弱レクレーションサッカーを掲げる我がブランコスは連戦連敗こそ最高の名誉と位置づけている
ジョッピンカルとの外サッカー初戦となった7.7モエレ沼公園決戦においてチーム存続に関わる実に不名誉な出来事が起こった!!

押しつ、押されつ、ジョッピンカルメンバーともダベリつの楽しい試合展開であったが、終盤に差し掛かるころ右サイドからグっさん→兼さんとつないだボールは天性の嗅覚とギャグセンスを持つゴール前のベッチへ!

こん身の空振り気味ヘナチョコシュートォ!!コロコロ...決まった〜!!!ゴォール!!

歓喜のメンバーからの袋叩きにあう!!

これでなんと連敗ストップ!

A級戦犯べっち!!何てことをしてくれたんだ!

レクレーションサッカー返上の危機でないか!!

まてまて相手はチームの中でもハイエイジクラスのカテゴリと聞いている

今回の勝利は真珠湾攻撃に成功した日本軍の様、当然次のミッドウェー海戦ではミドルエイジの参加で壊滅的な仕返しがまっているだろう!

まあ恐れるな、一にも二にも我々の目的は勝利ではない、適度に体を動かすこと、酒席でのネタ創出が目的だ

これまでも、ほふく全身、エアダイビングヘッドなど伝説となったネタが数多くある

来る7.21は早朝サッカー、BBQ、ビーチサッカーの3連戦が待っている

この夏のビッグイベントだ
メンバーは可能な限りお付き合い願いたい

早朝サッカーでネタ披露、BBQで大盛り上がり、ビーチサッカーは余興って感じになるだろう

各自ネタはひとつは用意して望むよう願う(私はジダンの必殺技で....)

1