2009年5月 9日

サッカーは怖いか??

サッカーをやらない一般の人に年間通じてよく言われる

「サッカーは危険なスポーツだよね。フットサルの方が安全じゃない?」

皆もあるのではないか。確かにフットサルは女の子もキャピキャピやってたりしてそんな感じもする


エンタメ系のブランコス的にお答えすると「NO」。全くの逆だ

危険なイメージは恐らくTVで見るプロサッカーの影響だろう

背後からのスライディングタックル!
ヘディングの競り合いで頭から流血!
足がつり動けなくなる選手!
担架で運ばれる選手!


実際のところフットサルの方が危険だ。
サッカーに比べフットサルは6分の1の競技スペースでは密集するから接触の度合いが6倍であることが第一の理由


サッカーだけに着目してみよう。

まずスライディングの恐怖
ブランコスにおいては対戦相手はエンジョイ、エンタメ系。
土グラウンドでスライディングをかけると汚れるし擦りむいたりするから柔なプレーヤーは大抵しない。やられる頻度は極めて低い。ショルダーチャージも稀だ。
基本的にスピードで勝負できないからパスサッカー中心になる。その為スライディングで止める場面が少ない。
たまにファイトあふれる助っ人選手が相手チームにいたりするが近づかないようにするのが賢明だろう。


競り合いはどうだろう。
多くのメンバーはイーブンボールを積極的にとりに行かない。当然、接触頻度は低いから安全。
無難にコースを切っておこう。
競技系フットボーラーとしては最低のブーイングされる部類に入るがエンタメ系ブランコスではOKだ。


そして足がつる選手。
ブランコス1年生には良く見られるが慣れたメンバーは疲れる前に引っ込む。

短時間で場を盛り上げ御役御免で颯爽ベンチにと引き上げ、メンバー、子供達、美人マネージャーらと会話を楽しむのが粋なプレイヤーだ。勿論、フル出場は善しとしない。

交代メンバーがいなくても安心だ。
フットサルと違ってサッカーは相手も合わせると22人もいるので1人くらいサボっても目立たない。
安心してサボってくれ....いや前線に張ってくれ(笑)

しかしフィジカル、テクニック的には求められないがウンチクにうるさいのが多いブランコス。
一般的なポジショニングなどはウイイレなどでおさえておこう。

173

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.blancos-sapporo.net/mt-tb.cgi/164

コメントする