2009年11月12日

ブラスタ三国志-スローイン制導入

bleague.gif今年もやるぞ~
月1大会の「ブランコスリーグ

今年の目玉はスローイン制の導入

めちゃくちゃだと思うかもしれないが過去スペインのフットサルリーグでは正式にスローイン制が導入されていた
これを世界ルールのキックインに変更したところリーグ全体のゴール数が前年から15%ダウンしたという


つまりスローイン制の導入で15%アップ!エキサイティングな試合展開が予想される
エンタメ度が高い背ディングシュートもやりやすくなるぞ!
スローイン制はFリーグでも導入検討されていたらしいからブランコスは先行導入で国内トップ狙いという訳さ


チーム紹介
今回のマッチコミッショナーはぐっさん。11月参加エントリーメンバーをもとに編成。
未登録メンバーはエントリー次第追加する。今回は懐かしのテレビヒーローチームが参戦した模様。
各チームにはチームカラーを割り当てた。該当カラーのユニを持参して参戦せよ!寝返る卑劣なメンバーは2色持て!

「キカイダー」 (バルサユニ) 君主:沼  y、梅、手、渡、上、P
キカイダーカラーの赤青のバルサユニをまとうワールドクラスのチーム。強烈な個性のタレント集団の融合が優勝へのキーとなるか?

「キーレンジャー」(白ユニ&黄ビブ) 君主:室  や、ぐ、土、管、立、勝
戦隊シリーズではいつも3枚目のキーレンジャー。どの位置からもボケ&ツッコミが出来るメンバーが出揃った。爆笑にて相手チームから体力を奪い後半勝負に持ち込めば優勝を狙えるか?

「ジーク・ジオン」(緑ビブ) 君主:核  な、ベ、藤、西、中、考
量産型ザクのグリーンビブスがチームカラー。見事に天然系、イジラレ系が出揃った。ニュータイプ出現が優勝条件か?


 

戦いのルール 

・気まぐれなコンセプトで分けられた3チームによるリーグ戦
・それぞれのチーム代表者は君主とよぶ

・基本ルールはフットサルとするがキックインではなくスローイン。間違えた場合はやり直しとする。
・3チームによる総当たり3回戦方式(ブラスタ活動1回につき1回戦消化)
・勝ち点、得失点差により順位を決定する
・試合時間は7分ハーフ(休憩3分以内)
・連続試合となるチームは前節時点での首位、2位のチームとする。(初回は第1試合勝利チーム)試合間は5分以内
 1位-3位、 1位-2位、 2位-3位

・活動のラスト1時間付近から開始。3チーム分人数が揃わない場合は開催しない
・シーズン中の移籍は君主間の合意により行われる

・シーズン終了後、1位以外のチームの君主は市中引き回しの上、斬首され、その国は滅びる
・新シーズン開始前に滅びた2国の残党の中から新たなコンセプトのもと新君主を立て新メンバーを選出する
・1位の君主は引き続き新シーズンでも君主として君臨することができ「覇王」と名乗ることができる

 

sanngokusi.jpg

 

 

 

 

 

 

2009年12月31日

2009ブランコスデータ・サッカー馬鹿10傑

2009年 全43節、延べ693人、平均参加者16.12 年末残高-52,076

(2008年全38節、延べ618人、平均参加者16.26 年末残高-88,969)
平均人数は2008年と同水準で安定。助っ人に頼ることも少なくなってきた。

これは2009夏に発見された「753の黄金法則」を元に導入した「殿堂入り制度」が上手く機能したことによるものだ。
導入前はメンバーの人数が何となく多い、少ないという感覚的なものでメンバー、助っ人募集を実施して運営に神経をすり減らすことが正直多かった。

しかし、この法則、制度の適用によって、運営に必要な人員が機械的に判断でき、事前に手を打つことができたことが大きい。
法則によると2010年も8名程度のIN,OUTがあるだろう。


2009サッカー馬鹿10傑
出席簿を付け始めた17節以降のカウントとなる全26回でのランキング

1位 24回:GUCCY、NARICHENKO
3位 23回:NABE、YUKI
5位 22回:KAKU
6位 21回:MURO、NISHI、YASHI
9位 19回:NAKAZAWA
10位 18回:NUMACCHI

 

 

2010年4月 5日

ブランコスが戦術革命?2010攻撃編「ボールサイドに人数をかけろ!」

フルコート貸切興業では体力消耗を考慮し6対6のフットサル楽しむブランコス

これはこれで楽しいスゴロク的なサッカーなんだが、4/4の活動では外を見据えてフルコートで5対5でプレー
しかも戦術的なものを少しやって...
あまり、うるさいこというとブランコス色がなくなるので簡単な取り決め

1)クサビに当ててのボールをちらす展開しよう
2)
パスアンドゴーを意識しよう

ひと冬プレーしたメンバーはこれだけの声かけだけで違った

クサビから落としのシュート!サイドスペースへの展開!!みてても楽しいパスサッカーが次々と♪
やれば出来るじゃん!
いつもはボールを持てば、どこからでも空砲を放つナカザーでさえ、ダイレクトの連携プレー(笑)


昨年、外の終盤から確立しつつある「ボールサイドに人数をかけろ!」は今年も継続だ!
参加できなかったメンバー向けに子供でも理解できるように丁寧に書いとく

1)ボールホルダーがバックパスできるところにフォロー1人
2)ボールホルダーが縦パスできるところにクサビ1人
3)ボールホルダーの前方左右スペースにに1人か2人
4)距離はミスパスも痛手になりにくい8メートル程度

そんなん基本じゃん!戦術じゃねぇ!って思うかも知れないが
ブランコスは戦術無用の蹴り合いサッカーだったことを思えば革命的だ

次は守備編といきたいが守備は1バックぬまっちにバトンタッチしよう

2010年4月10日

岡田JAPANどころじゃねぇ!ブランコス開幕予想布陣

2010ブランコス開幕予想フォーメーション

メンバーは最近の参加率上位で当てはめたみた。
システムは4-4-2!
bl2010Formation.jpg

守護神は、ぐっさん
DFラインは沼っち、西が高めにライン統率し、相手FWを翻弄!
ボランチは核、ユッキが強烈にボール奪取し前線につなぐ!

サイドバック梅、ナべが抜群の運動量で攻撃にガンガン絡み、左右のナカザ、チェンコらのダイレクトパスプレーで相手中盤をズタズタに切り裂く!

そして仕上げはポストに入ったヤシで溜めを作り、裏を狙う室との絶妙なコンビネーションでゴールゲット!

これぞブランコス!ファンタスティック!岡田JAPANどころじゃねぇぜ~ 
 
全然、想像できん!(笑)


試合開始5分後予想フォーメーション

やはり、ナカザはトップに入り、チェンコ、核は既にフィールド外に....
そしてお約束、沼っち1バック。すまん
でもね、頭では戻らんといかんのは分かってるんだわ。誰もが
ただ足が言うこときかんのじゃ(笑)
we_formation2.jpg

画像はウイニングイレブンで作れるぜ
http://www.konami.jp/we/2010/ps3_xbox/formation/

 

2010年6月 7日

ブランコス版ジャイキリ第1話「初の作戦ボード」

連載企画:ブランコス版ジャイアントキリング 第1話
「初の作戦ボード」

「ボロボロでした~(泣)」
「チェンコ~歯が立たね~何とかしてくれ~」

選手たちが連敗に異口同音に発するコメント

5/23に開幕したお父さんリーグ。
結果は伏せていたが、こんな感じだった。

0-2 VS グロッサ
0-4 VS ラボッパ

勝点0、得失点差-6
・・・とブランコスは人数不足でカモ。サンドバック。

このままじゃ相手にならんと、対戦チームから、いづれは脱退を迫られる!!
エンタメサッカーといえど、ブランコスも世間並みな戦力を持たんとマズイっす~

そんな訳で最近ジャイキリに刺激を受けたナリチェンコが立ち上がった!


6/6第2節 屯田西公園
 
この日、設立以来一度も使ったことのない作戦ボードを手にしたチェンコは布陣説明しだす

チェ「え~本日のグロッサ戦のスターティングメンバーを発表する~」
一同「!!」

作戦という文化のないブランコスで、しかも戦略家とは程遠いド素人のナリチェンコのスタメン発表に一同絶句

「システムは4-4-2。中盤はダイヤ型ね~」
「ちょっとキツイけど、ボランチはササキッチひとりで頑張ってね~」
「奪ったボールはとりあえず慎ちゃんに預けよう。そこからショートパスで繋ごう」
「サイドバックはセンターラインは超えなくてOKだよ~」
「うちのライバルは今年調子の悪いダルビッシュだよ~」(平均失点)

《ボード》
  村 や
渡  慎  カ
   サ
吉     ナ
  竹 西
   藤

これを作戦といっていいのか分からんが、ブランコスにおいては初のスタメン発表。
機能するのか否か

かくしてグロッサ戦のキックオフのホイッスルが鳴った!!


<続く>

 


 

前に戻る 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13